TOEICからブルース・リーへ

画像


昨日は写真のように爽やかな青空が見れました。
しかし気温はかなり低いですね。
夜、学習が終わってから外へ出ると、路面が凍っていました。

ところで、届いたメールを見ると、その中に「TOEIC」からのものがありました。
Test of English for International Communicationの略で、「とーいっく」と読みます。英語のテストですね。

英検と同じく学校内のテストではありませんが、日本・韓国を中心に約60カ国で試験が行われていることや、中学・高校で教わる英語よりもっと実用的な日常英語が問われる・・・などの点が英検とは異なります。
そのせいでしょうか、社員を採用する際に「TOEIC・・点以上」という基準を設ける企業が増えています。

話を戻して、TOEICからのメール。
私の興味をひいたのは、「英語の入り口はブルース・リーだった」という格闘家・角田信朗さんのインタビューでした。

最近はK-1も見なくなりましたが、華麗に英語を操る筋骨隆々の角田さんには好印象を持っていました。
そこへさらに、ブルース・リーときたらサイトを見ずにはおれません!
  \(^o^)/
なるほど・・・ブルース・リーに憧れて、彼の話す英語を丸暗記しましたか・・・
私もブルース・リーにハマった一人ですが、そこから英語へ向かうことはなかったなぁ。

私がハマった中学のころには、すでにブルース・リーは亡くなっていましたが、まね事をして鍛えていました。
当時、独習用のテキスト(?)を通信販売で買いました。
探してみると・・・ありました!!

画像

なんと! ヌンチャク付きです!
よく練習したなぁ・・・(笑)
(ごくたまに男子生徒にヌンチャク技を披露することがあります。これ、秘密!)

画像

日本語解説もありますが、中国語のテキストが中心です。

画像

画像

ブルース・リー本人がモデルになったページもあります。

んん・・・懐かしい・・・(ーー゛)
・・・って何の日記だ、これ!

角田さんはブルース・リーから英語と格闘技に向かった。
私は今から格闘技は無理だけど、ブルース・リーの英語に耳を傾けようかな。
そこから何か大きなものが得られるかもしれない!
  (^_-)-☆

  かなり強引な終わり方。(失礼しました!)


小林学習室ホームページ
 http://www.k-gakushu.com
小林学習室・携帯サイト
 http://www.k-gakushu.com/hoge/mobile

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック