【公立高校】一般選抜志願状況が発表されました

来月8日(金)に実施される新潟県の公立高校・一般選抜の志願状況が、新潟県教育委員会から公表されました。
平均して、全日制(昼)は1.14倍、定時制(夜)は0.91倍でした。

例年通り、募集定員を志願者が1人でも超えた学校を志願した受験生は、他の学校に変更できます。


住んでいる地域により受験できる学校が限定される「学区」が廃止され、「全県一学区制」が導入されて初めての入試です。
それだけに、志願状況が注目されていましたが、さほど大きな変化はなかったようです。
県央地域の高校に関しては、ほぼ例年通りと思われます。

画像


受験生にとって志願者数・倍率は気になるところでしょう。
しかし当学習室では「倍率など気にするな」と言っています。
「それなりに実力をつけていれば、何倍だろうと関係ない」と。

どの学校を受験するにしても、成績面で「楽々と入れる人」がいます。
他方、圧倒的に学習量が少なく「どうやったって入れない人」もかなりいるようです。
そういう両極端を除いたところで、合否が争われる
倍率がいくらか変化しようと、相応の学力をつけている人は合格できるものです。

そうであるなら、倍率の高低で喜んだり不安がったりするより、まず着実に力をつけること。
当たり前のことですが、合格につながるのはそれしかありません。

厳しい入試が予想される人なら、なおさらのこと。
残されたのはわずかな期間ですが、自分の足元をしっかり見つめて静かに、しかし確実に進んで行ってほしい。そう願っています。
    (^O^)/


小林学習室ホームページ
 http://www.k-gakushu.com
小林学習室・携帯サイト
 http://www.k-gakushu.com/hoge/mobile

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック