教科書 → ワーク

下は3日前の写真です。
この日は晴れて暖かかったですね。
その後、雨とともに、ぐっと気温が下がりました。
風邪などひいていませんか。

画像


さて、もうすぐ中学校では2学期の中間テストです。
今は最後の追い込みという時期ですね。
「まだ何も手を付けていない教科がある!」なんて
焦っていませんか?

人によって進み具合はまちまちですが
進んでいる人も、勉強不足の人も、基本事項をきちんと
おさえてから応用にうつることが大切です。

「勉強しているのに成績が上がらない」という人に
よく見られるのが、ワークの問題ばかり解いていることです。
基本事項を理解しないうちに、応用ばかり気にして
全体があやふやになっている。
しっかり積み上げず、空洞だらけの「すかすか」の山を築いている。

それだと、ワークの問題とほとんど同じものが出題されれば
できたとしても、少しひねって出されると、もう解けない。
「すかすか」になっている部分を問われたら、できないわけです。

当学習室では、どの教科を学習する時も、まず教科書を
きちんと読んでもらいます。(黙読。時には音読で。)
内容を理解したら、重要な用語に線を引いてチェック。
その用語を何度も書きます。

ワークを解くのは、その後です。
重要事項の確認としても使えますし、教科書にはあまり
触れられていない事柄をワークで学ぶこともできます。
その後は、ワークを繰り返し解きます。

今のような直前期になると、焦ってしまい基本を
おそろかにしがちです。
それでも、入念にとはいかないかもしれませんが
教科書で基本をしっかり確認するのを忘れずに。
それから、どんどん問題を解いて力をつけましょう!

もう少しです。
あきらめず、前向きに学習しましょう!
 (^◇^)/

小林学習室ホームページ
 http://www.k-gakushu.com
小林学習室・携帯サイト
 http://www.k-gakushu.com/hoge/mobile

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント