公立高校入試、お疲れ様でした

数日前から雪が降ったりやんだり。
かなり冷え込んでいましたが、今日は公立高校の入試がありました。
入試前日の昨日には、当学習室で勉強してきた生徒さんたち全員が来てくれて、最後の調整に集中しました。

画像


ここ1か月ほどは、特に暗記が必要な社会・理科を中心に学習してきました。
入試前日も、社会・理科の過去問題の出題傾向から考えて、今回出そうな分野を確認しました。
そうやって「ここが出るぞ」と予想したものが、ずいぶん出題されましたね。

社会では、季節風や海流、世界の国々(ドイツ、ブラジル、タイ)、分国法や衆議院の優越など。
理科は、水の電気分解や酸素のつくり方、地層や火成岩(はん状組織)、顕微鏡のことや消化酵素(ペプシン)など。

前日に指摘したものだけでも、これほどありました。
あまりに予想したものが多く出ていて、生徒さんたちは問題を見て驚いたのではないかな?

もっとも、これは毎年のことで少しも特別ではありません。
「ちょっとでも生徒さんが良い方に行ってくれたら」という思いから、出題されそうな分野を見つけて授業で伝えてきました。

今日まで、毎回ひたむきに取り組む生徒さんたちの姿勢に、心底感動してきました。
そして入試がおこなわれている時間。
全力で問題に挑む生徒さんたちの姿を思い描いて、「頑張れ!頑張れ!」と、ひとり繰り返しました。

どうにもつらいことがあっても全力を尽くしてきた学習。
それが報われるよう、13日の合格発表まで願っています。
本当にお疲れ様でした!


小林学習室ホームページ
 http://www.k-gakushu.com
小林学習室・携帯サイト
 http://www.k-gakushu.com/hoge/mobile

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック